一括借り上げ 注意点

一括借り上げ 注意点

マンション一括借り上げの注意点

マンション経営オーナーにとってとても魅力的なシステムが一括借り上げシステムです。

 

例え空室がでても家賃滞納がでても一定の賃料を30年とか保障してくれる会社もあります。
また、入居者が去って空室になってもある程度の期間空室ができてしまうのは誰でも想像できます。

 

その間も一定の賃料をオーナーが受け取ることができます。

 

しかし、一括借り上げシステムは家賃は保証してくれない会社が多いのも事実です。

 

賃貸市場が変化すれば10万円だった家賃が7万円に下がるリスクもあることをきちんと把握しましょう。

 

セミナーや説明会に出席したら家賃保障があるかどうか、
事前に書面確認することが必要です。

 

何よりも、大切なのは、自分で物件を見極める目をもつことです。

 

どれがよい物件なのか物件の価値を判断するには

 

収益不動産の見極めは具体的にどうすればよいでしょうか。

 

現地調査の醍醐味でもあります。
うっかりとチェックポイントを忘れると、
取り返しのつかないことが多々あります。

 

積算がでるだけがよい物件ではない。

 

確かに積算がでるということはよい物件です。
しかし、デメリットもあります。
それは固定資産評価が高いということです。

 

物件の購入についてどういった形で調査するのか、
チェックするポイントは具体的に44個あります。

 

一括借り上げのリスクを少なくする方法です。

 

>>たった3分で判断可能!購入すべき物件の見極め方を確認する

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ