特別売却とは

特別売却とは

最初から特別売却はできない

 

競売不動産が入札されても、適法な買取申し出人が出なかったときに実施されるのが特別売却だ。

 

適法な買取申出人がでなかった場合とは、
売却基準価額以上での入札がなかった場合だ。

 

簡単にいうと、予想していたよりも、
安い入札しかなかった場合に再度入札が行われるのだ。

 

執行裁判所が売りたくても売れなかった物件がここにあるともいえる。

 

期間入札と違って、期間内に買受の申出があったら売却は終了する。
しかし、複数の買受申込みが合った場合には
入札に切り替わることもある。

 

特別売却でも売れない場合には、再度売却基準価額が低く設定される。

 

 

 

 

 

土地の有効活用をお考えの大家さんや不動産投資をお考えのユーザー様へ

↓↓落札した土地に最適な活用プランを完全無料で一括資料請求↓↓
ホーム RSS購読 サイトマップ