期限の利益の喪失

期限の利益の喪失の督促書が来た!

期限の利益の喪失予告の書類がきた!

 

 

期限の利益の喪失予告の最終通告とはどのような場合に送られてくるのでしょうか。

 

住宅ローンを滞納してから、再三の督促にもかかわらず、
5ヶ月目くらい滞納が続いた場合に、
「期日までに迷惑料として遅延金を支払ってください」
という督促です。支払い期限も明記されています。

 

それでも期日までに支払いや対処がでいない場合には
期限の利益の喪失させられ、分割返済ができなくなります。
融資残高を一括して支払わなければいけなくなります。

 

「今までは分割して住宅ローンを返済していたのを、一括して支払ってくださいよ」

 

ということです。

 

それでも支払えない場合には自宅を競売させられる

 

その後、一括して支払いができない場合には
自宅を競売にかける手段が進みます。

 

通常、競売になるまでに1年以上かかりますが、最近では期間が短くなっています。
競売にかかると、本来の価値の7割くらいでしか売れないことも多く、
家を売った後の借金も苦しくなります。

 

>>どうしても家だけは残したい方はこんな方法も

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ