競売 立ち退き

競売の立ち退き

トラブルなく所有権を取得する

 

通常、競売の入札で落札した買取人は代金を納付すれば
家やマンションの所有権は自分のものになる。

 

落札してから代金を納付するまでは1ヶ月程度の期間がある。
その間に、もとの居住者が不動産の価格を少なくするような交渉をしてきても、
これらの行為は禁止されていて違反してきたときは不動産の保全処分などで対処できる。

 

もし、競売物件の立ち退きトラブルがあったら

 

落札した不動産にもとも居住者が住み続けて
引渡しを拒絶した場合には、買取人は執行裁判所に申立てができる。
これを不動産の引渡命令といいます。;

 

引渡しには6ヶ月の猶予期間があり、その期限内に元の占有者は
物件を引き渡さなければなりません。

 

いすれも法的な手続きがあり、流れも体系化してあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ