競売開始

競売開始!

競売は期間入札

一定の期間、多くは1ヶ月程度だが、入札できる期間が決められているのが期間入札だ、
すでに2割の保証金と必要書類を用意できた人は期間入札に参加することができる。

 

執行裁判所では、その後の開札期日に
それぞれの入札所を開く。

 

最高値を入札した人が落札することになる。

 

最高値が2人以上になった場合には

 

こんなケースも考えられる。
その場合には、追加入札がとられる。
入札する金額は先と同じでもよいがそれ以下は認められないことになっている。

 

それでも決まらない場合はくじ

 

入札者が通常クジを引くが、執行官がクジを引くこともある。

 

以上が競売開始から終了までの流れである。

 

入札と競り売りの違い

 

競売には入札が行われる。
入札とは、購入したい人が自分の希望金額を書いて入札して
もっとも高い価額の人が落札する方法です。

 

入札は1回しかできないのが基本です。

 

その一方で競り売りという方法もあります。
入札は1回しか入札できないのですが、競り売りの場合は
何回でも値段を入れられます。購入したい人同士が競り合って
値段がつりあがっていくのが特徴で、
競り売り期間中にもっとも高い金額の人が落札します。

 

>>立ち退きトラブルがあったらどうする

 

ホーム RSS購読 サイトマップ