マンション管理会社変更

マンション管理会社変更※マンション理事会で管理費削減をしよう!

こんなマンションの理事長の方に向いています。

 

「マンション管理費が相場と比べて安いのか高いのかわからない」
「マンション管理費を削減したい?」
「たくさんのマンション管理会社があるけど、判断基準がわからない」

 

マンション管理費で不要な項目を見直しします!

 

 

 

複数の管理費から一括見積りもできます!(無料)

 

 

 

毎年の管理委託契約の更新。マンション管理費を見直していますか?

 

マンションを取り巻く環境は毎年変化しています。

 

たとえ、20年前に契約したマンション管理費でも、
現在の市場価格と大きく違っている場合も多いです。

 

だからこそ、諸費用の見直しも必要です。

 

実際に大幅に管理費を削減できた事例が多く出始めています。

 

 

安易に値上げで 解決するのは簡単すぎる?

 

事例のひとつに築20年以上を迎えた古いマンションなどがあります。

 

建物の老朽化がすすみ、
竣工から20年以上たつと、マンションの老朽化もすすんできます。

 

しかし、大規模な修繕工事も必要です。
実際の積立金はたまっていなく、
過去に契約した管理会社から値上げの提案もいわれていました。

 

これ以上、マンションの管理費が高くなることを押さえたい
高齢者が負担できない

 

そんなマンションも増えてきています。

 

現在の管理費が『今の相場』か判断する材料に

 

マンションの理事長になると、日常の生活をすごしながら、
管理組合活動をするのは大変です。

 

しかし、新築マンションを購入するときと同じように、
管理費も大きな買い物です。

 

管理費を毎年見直すことで『今の相場』を把握することができます。

 

しかし・・複数の管理会社に見積りを取るのは大変です。

 

そこで、管理費の見積りが一括見積りできるサービスがあります。

 

現在の管理会社と別の見積りを比較することにより、
『今の相場』が簡単にわかります。

 

ただ単に管理費を落としたら危険

 

管理費の内容をきちんと把握していますか。

 

管理会社はマンションの何を管理しているのかしらない、
高い金額の管理費をただ単に削減したい

 

というのはとても危険です。

 

何十年も住んでいる住民だからからわかることがあります。

「本当に必要な仕様」と「必要のない仕様」があるということです。

 

自分のマンションで必要な項目をきちんと把握することから見直しがはじまります。

 

 

必要のない管理費もある

 

マンションの管理費は、バブルの頃から変わらず、
「あらかじめ余裕をかなり持たせた管理費設定」になってきました。
なぜなら、運用中にマンションの管理費が足りなくなり値上げをするのを避けるためでした。

 

いつまでも経済が上がり続ける過去の時代ではそれでも成り立ちました。
しかしデフレの影響、日本の平均収入の減少や、高齢化で住人の収入は減り続けています。

 

「あらかじめ余裕をかなり持たせた管理費設定」の中には
必要のない管理が含まれています。

 

具体的には「毎年お金をかけたほうがよい項目」「壊れてか直せばよい項目」です。
壊れてから直せばよい項目を全て入れていたのが過去の余裕をもった管理費でした。

 

細かい事情は知らないマンション管理。
管理会社が過去に出した仕様の言いなりになる管理組合の方が多くいます。
管理費見直しドットコムでは、一括見積りで比較することや、メールや電話で相談することができます。

 

客観的な視点をもった第三者が間に入ってアドバイスもできます!

 

マンション管理会社の言いなりに動くとこの判断ができなくなり、
すべての仕様を受け入れているマンション管理組合様が多く散見されます。

 

管理費見直しドットコムではマンション管理費の「見直し」「比較」「相談」をことが出来ます。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ