少子化 リスク

少子化のリスク

少子化のリスク

どんな商品やサービスでも同じですが、需要と供給のバランスが重要になります。現在の日本の人口からみてみると、少子高齢化が進んでいます。今までは地方からでてきた学生や新しい社会人や結婚したてのカップルなど30歳以下の人口が賃貸アパートの需要を支えてきました。東京、横浜、大阪など若者が賃貸住宅の市場を作ってきたともいえます。今後、これらの需要は大幅に増えていくことは考えにくいといえるでしょう。しかし派遣法の改正などによる収入の減少なども家賃の値下げにかかわります。逆に言うと高齢化によって高齢住宅専用賃貸住宅などはリスクを回避できる物件です。国土交通省が管轄しています。アパート経営者にとって高齢者の入居を嫌がるオーナーが多い傾向にありますが、需要をみるとチャンスでもあります。通常のアパートやマンションに付属して緊急通報ボタンの設置や入浴、食事、掃除サービスなどをつけているところもあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ