空き家 相続問題

空き家の相続問題

 

「他界した両親から空き家を相続したけど、誰も住む人がいない」

 

という方がいらっしゃる一方、

 

他にも、空き家の相続問題はたくさんあります。

 

「このままでは固定資産税が毎年かかってくる」

「都会に住んでいるけど、仏壇があるのでそのままにしている」

「賃貸は管理が大変なので、売りたいけど時間がない」

「老朽化で取り壊ししたいけど、解体費用が100万かかるといわれた」

 

などの意見もあれば、

 

「生まれ育った実家で思い入れもあるのでそのままにしている。」

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

空き家の中にも、まだ使える住宅があるのも事実です。

 

コンビニとして再生された空き家も!!
↓↓↓

 

全国には市町村が運営している空き家バンクがあります。
移住者を積極的に呼び寄せているところは空き家バンクの制度も充実していて、
リフォーム代を町が半分だすところまであります。

 

一方、ほとんど空き家バンクは機能していない市町村も多く、
登録数自体が少ない、売却希望が多く、賃貸が少ないなど
家主と移住者とのギャップが目立ちます。

 

空き家の相続問題はこれからさらに増えていくかと思われます。

 

「まだ、使えるものをもったいない」

 

とおかんがえならば、空き家の再利用方法を考えられてはいかがでしょうか。
今ではインターネットで、複数の会社に活用方法を依頼することもできます。

 

ここなら無料です。

 

土地の有効活用をお考えの大家さんや不動産投資をお考えのユーザー様へ


↓↓落札した土地に最適な活用プランを完全無料で一括資料請求↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ