空き家 管理

空き家の管理どうするんです!

 

親の空き家を管理、大変かと思われます。

 

簡単に整理すると、選択肢は3つに絞られます。

 

売らない

 

「仏壇があり、そのままにしておきたい」
「子供の頃育った思い出があるので、まだ決断はしたくない」

 

そういった方もおられるのではないでしょうか。

 

売らない選択肢の中には「貸す」「自分で使う」「自分で持っている」の2つがあります。
借家として貸し出すにはリフォームをするかどうか、
管理会社に任せるか、自分でやるか、
など経営的な事業収支もやらなければなりません。

 

一方、「自分で使う」場合には、倉庫として使ったり、田舎ならば別荘としてたまに利用するのもよいでしょう。

 

「自分でもっている場合には、現状を保全するために空き家の管理もある程度しましょう。」

 

ご自分で管理ができない場合には、費用はかかりますが、管理代行サービスもあります。

 

売る

 

「もう、使わないので売ってすっきりしたい。」

 

固定資産税は払わなくてよくなります。

 

古い空き家の場合は、上物(ウワモノ)は解体して
更地にして売るケースが多いと思います。

 

まずは、現状を複数の不動産屋さんに相談してみられてはいかがでしょうか。

 

 

相続放棄

 

相続放棄は、親が残した一切の財産を引き継がないことです。
ご自分が相続人になったときから3ヶ月以内に手続きをしなくてはなりません。

 

相続放棄された土地は所有者のない
不動産となり国に継承されることになります。

 

これらの3つの選択肢の中から、
ご自分にとってベストな方法をみつけられたらよいですね。

 

 

田舎の空き家の管理は手間がかかる

 

お家は空き家になっていると痛むのも速くなります。
特に田舎だと、草刈りも1年に1度はしないと
ツル系の植物が家の壁を上がっていったり、
庭木も隣接した家にはみ出してしまったりします。
空き家まで通える範囲内であれば、草刈り機やチェーンソーを用意して
ご自分でメンテナンスをすることをおすすめします。

 

空き家の湿気の問題もあります。
室内の空気の流れがよどむと、
カビが生えやすくなったりします。

 

火災保険も入っていた方がベターでしょう。

土地の有効活用をお考えの大家さんや不動産投資をお考えのユーザー様へ


↓↓落札した土地に最適な活用プランを完全無料で一括資料請求↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ